滑头鬼之孙 第15集 的全部讨论

最新讨论 作者 回应 更新时间

还没有人谈过"滑头鬼之孙"。来做第一个。

> 去 滑头鬼之孙 的页面

关于第15集 · · · · · ·

  • 本集名称: 劫火与骤雨
  • 本集原名: 劫火と骤雨
  • 剧情简介: 四国八十八鬼夜行(しこくはちじゅうはっきやこう)を束ねる者にして八百八狸の長を父に持つ男、隠神刑部狸玉章(いぬがみぎょうぶだぬきたまずき)が再びリクオの前に現れた。玉章はリクオに「今回は正式な挨拶のために来た」と告げると、あらためて奴良組の乗っ取りを高らかに宣言する。

    それにまず異を唱えたのは
    ... 、父を殺されし「関東大猿会」の二代目、猩影(しょうえい)。刀を振りかざし玉章に斬りかかると同時に雪女、牛頭丸(ごずまる)、馬頭丸(めずまる)も一斉に攻撃に加わる。だが、七人同行(しちにんどうぎょう)の一人、犬鳳凰(いぬほうおう)の火炎の前に蹴散らされてしまうのだった。

    この襲撃の事態を重く見たリクオは、よりいっそう組の守りを固めようと決意する。加えてカナ、清継をはじめ学校の仲間たちもまた、清十字団の合宿と称して屋敷へ招くことを決める。 そのころ、ぬらりひょんの姿は遠く四国の地にあった……。山深い山中で供の納豆小僧にぬらりひょんが語った言葉とは――?

    一方、浮世絵町では玉章たちを追跡する牛頭丸、馬頭丸の姿があった。2人が追っていたのは、犬鳳凰との戦いの中で放った1本の糸。その糸は七人同行の一人、岸涯小僧(ガンギこぞう)の背中に張り付いていた。
    更多»