靛蓝色的心情 第1集 的全部讨论 (6)

最新讨论 作者 回应 更新时间
怎么看? 2
终于等来了! [图] 14
大冷天洗泠水澡的秘訣 [图] 1
前传故事的展开
我的妈呀!!!等到了,感人!!! [图] 1
终于开播了! 8

> 去 靛蓝色的心情 的页面

关于第1集 · · · · · ·

  • 本集名称: 命运如靛蓝一般
  • 本集原名: 運命は青藍のように
  • 剧情简介: 都心のバーで二人の男が呑んでいる。官能小説家の木島と、その担当編集者の城戸だ。
    「なんとも説明しづらい関係」を漂わせる2人。いったい2人はどんな関係なのか――。
    数年前、既にポルノ小説の編集者であった城戸は、恩師の葬儀で大学の同級生だった純文学作家の木島と再会した。2年間同じゼミであったにもかか
    ... わらず城戸の事を全く覚えていなかった木島は、城戸や友人の通夜振る舞いへの誘いを断り、足早に1人式場を後にする。
    通夜振る舞いに参加した城戸は、式場を出て社用車で都心へ向かうその途中、道を歩く木島に遭遇する。帰りの電車賃が無く、歩いて帰宅するつもりだと言う木島を車に乗せ、城戸の車は都心へ向かって行く。
    同棲していた彼女に追い出され、会社に寝泊まりしていると言う城戸を、送ってくれた御礼にと今度は木島が自宅へ招く。「有り難い」と木島の自宅に泊まらせてもらう事にした城戸は、そこで未納の振込票や督促状の束を目にする。出版社の担当と喧嘩別れしたという木島は、今まったく仕事をしていないという。創作にも行き詰まり困窮している様子の木島に、城戸は自分が担当している官能小説のレーベルでの執筆を提案するが木島は「ポルノは文学ではなく道具だ」と吐き捨てる。それでも「木島のファンだ」「書き続けて欲しい」と訴える城戸に木島の心は動き始める―――
    更多»